食後 お腹が張る 痛い 原因

食後にお腹が張るし痛い原因は何なの?

スポンサーリンク

 

 食後にお腹が張るし、痛い症状になったりしたことはないでしょうか。
 食べ過ぎや飲み過ぎであれば、しばらく休んでいれば落ち着いてくるものです。

 

 しかし、普通に食べているのにお腹が張る、痛いというのは何らかの異常が起きている可能性があります。

 

 ここでは、そのような場合にどのようなことが考えられる原因について見ていきましょう。

 

 一般的に、お腹が張るのは胃腸内でガスが多くなっている場合があります。
 それには、食事の際に空気を飲み込んでしまったりして外部から入り込んでしまうガスと、胃腸内で発生してしまうガスの大きく2種類が考えられます。

 

 前者の空気を飲み込むのに見られるのは呑気症です。
 早食いする人や大食いする人では、食事と共に空気を飲み込んでしまう傾向が大きくなります。
 それによって胃腸内にガスが溜まり、お腹が張る、痛いという状態になってしまうことが多くなります。

 

 それ以外にも自律神経のバランスが崩れることで多くの空気を飲み込むこともあります。
 食事の際には、ゆっくりと食べ、よく噛むことが大事になってきます。
 また、あまり食べ過ぎずに腹八分程度にするのが望ましいと言えるでしょう。 

 

スポンサーリンク

 

 後者の胃腸内でガスが発生してしまう症状としては、便秘によるものが大きくなります、
 便秘では、食べ物のカスや腸内細菌の死骸などの不要物がスムーズに排泄されずに大腸内に溜まってしまうようになります。

 

 不要物が体内で長く滞留するようになると、適度な水分と温度の環境下に置かれることで腐敗が進んでしまいます。
 それによって、ガスが発生するようになります。

 

 いわゆるおならがよく出るようになったら、大腸内での便の腐敗が進んでいると考えてもいいでしょう
 しかも、インドールやスカトールなどのガスが発生するため、そのニオイが臭くなることが多くなります。

 

 このガスがおならとして排出されればまだいいのですが、場合によっては便の詰まりによってスムーズに排出されない場合もあります。
 そうなると、お腹が張ってきたり、痛みを感じるようなことにもなります。

 

 また、ガスが大腸から吸収されて血液に入り込んで全身に運ばれていくようなこともあります。
 それによってニキビや吹き出物などの肌荒れは勿論、いろいろな病気の原因にもなってしまいます。

 

 便秘にならないように、食事内容や生活習慣を見直すことが大事になります。

 

 便秘の解消方法については、こちらの記事も参考にして下さい。
 便秘を解消して毎朝を快便にする方法とは?

 

 次の記事はこちらです。
 男性でお腹が張る原因は何なの?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。