お腹の張り 発熱 下痢

お腹の張りに発熱や下痢を伴うのは?

 

 お腹の張りと共に発熱や下痢を起こすようなことがあります。

 

 そのような時には、風邪をひいてお腹を壊したかなと思うことが多いかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 ただ、冬場には、ウイルスや細菌などの感染による胃腸炎の可能性もあるので注意しましょう。
 これは、俗に胃腸風邪とも呼ばれている症状になります。

 

 正式には、感染性胃腸炎と言い、ウイルスや細菌、寄生虫などによって引き起こされるようになります。
 この中でも、冬場にはほとんどがウイルス性のものとされており、特にノロウイルスやロタウイルスなどがよく知られています。

 

 ロタウイルスによる胃腸炎は、主に子供でその症状が酷くなり、下痢がしろくなるのが特徴的な症状となります。

 

 ノロウイルスは、子供を始め、大人でも感染するようになるため、気を付けないと家族全員が胃腸炎になるということもあります。
 家族の一人でも感染の疑いがあれば、しっかりと予防することも大事になってきます。

 

 感染経路としては、感染者の排泄物や嘔吐物などを経由してくることが多くなります。
 従って、それらの処理をしっかりと行なうとともに、本人は当然ながら、周りの人も手洗いやマスクなどの着用をするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 ノロウイルスに感染すると、お腹の張りや痛みを訴えるようになります。
 また、嘔吐や下痢といった症状も現れるようになることも多くなっています。
 そして、風邪と同じように発熱や身体のだるさ、関節の痛みなどの全身症状を伴うようなこともあります。

 

 通常では、温かくしてゆっくりと静養していれば、自然に回復することが多いです。
 その間は、できるだけ食事を控えるようにして寝ていましょう。
 食欲がないのに無理に食べると消化できずに、却って嘔吐や下痢を酷くしてしまうこともあります。

 

 また、下痢を止めようと下痢止めを飲むのは控えた方が賢明です。
 無理に下痢を抑えてしまうと、ウイルスや細菌が排出されなくなってしまうようになるからです。

 

 ただ、脱水症状になるのを防ぐために、水分の摂取は忘れないようにしましょう。
 勿論、たくさん飲むのではなく、少しずつ飲むようにします。

 

 数日しても、症状が治まらずに却って悪化するような場合には、一度病院で診てもらうことも大事になります。

 

 次はこちらの記事です。
 腸が『第二の脳』と呼ばれているのはどうして?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。