便秘薬 副作用 吐き気

便秘薬の副作用には要注意! 吐き気もある?

スポンサーリンク

 

 手っ取り早く便秘を解消しようとして、便秘薬や下剤を使う人も多いようですが、常習すると却って便秘を悪化させることもあるので注意しましょう。
 何日も排便がなく吐き気があったりして苦しい場合には、応急処置として便秘薬や下剤を使うのは仕方ないですが、あくまで応急処置と考えるべきです。

 

 排便のメカニズムとしては、腸内の内容物が大腸の蠕動運動によって便となって直腸に到達することで便意として感じるのです。
 便秘薬や下剤を使用すると、副作用としてこの自然な大腸の働きが妨げられてしまいます。
 便秘薬や下剤は、大腸を直接刺激することで無理やり排便を促すものが多いからです。

 

 常習すると、大腸が自力で動くことができず、便が直腸に到達しても便意を感じなくなってしまいます。
 排便できないため、やむを得ずさらに多量の便秘薬や下剤を服用するという悪循環に陥ってしまうことになります。

 

スポンサーリンク

 

 便秘薬や下剤には、以下のようにいろいろな種類がありますので、自分に合うものを選びましょう。

刺激性下剤

 大腸を刺激し、蠕動運動を活発にして排便を促す便秘薬です。

 

アントラキノン系

 「アントラキノン」という成分が、大腸を刺激して蠕動運動を起こし排便させます。
 強力な効果でひどい便秘にも効果が期待できます。 

 

 しかしながら、常習していると、大腸メラノーシスという症状が出ることがあるので注意しましょう。
 大腸の粘膜が黒くなって動きが鈍くなり、さらに便秘が悪化することがあります。
 センナやアロエなどの生薬などがよく使われます。

 

ジフェニルメタン系

 穏やかな効果で腹痛などが起きにくい便秘薬です。
 ビサコジルなどが市販薬に多く使われています。

 

機械性下剤

 便のかさを増やしたり、柔らかくしたりして排便を促す便秘薬です。

 

塩類下剤

 便の水分が吸収されるのを抑え、便を柔らかくして排便させます。
 主にマグネシウム系の便秘薬が相当します。 

 

膨張性下剤

 食物繊維のように水分を吸収して便のかさを増やし、柔らかくして排便させます。

 

座薬

 肛門から挿入する便秘薬で、大腸を直接刺激するので即効性があります。

 

 次の記事はこちらです。
 座薬は便秘で出ない時の最終手段なの?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。