妊娠 便秘 おなら 臭い

妊娠中の便秘と臭いおなら!どうしましょう?

スポンサーリンク

 

 妊娠中は、便秘になりやすいと言われています。

 

 その原因としては、体の水分の多くが子宮内へ移動するため、腸内の水分量が減ることにあります。
 もう一つは、妊娠により、女性ホルモンのバランスに変化が起こり、体にも急激な変化が起こることで、腸内環境が乱れ、機能が低下するためです。

 

 大きなおなかを抱え、ただでさえ苦しさを覚える妊娠中に、腹痛や便秘の辛さは、さらに苦痛を感じてしまいます。
 また、赤ちゃんへの影響も、心配になります。

 

 便秘になると、必然的におならも出やすくなります。
 長時間おならを我慢して体内に溜めることで、臭いも酷くなるため、我慢せずに出すよといいでしょう。

 

 また、妊娠後期にはお腹もどんどん大きくなり、そのせいで腸が圧迫されるため、さらに便秘が進行し、臭いおならが増えてしまうという悪循環が起こります。
 このように辛い状態にならないためにも、効果的な解消法を見付けて、対策を取る必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 まず、臭いおならを改善し便秘を解消するためには、腸内環境を整えることが一番です。

 

 そのためには、繊維質の多い食品を摂取することがポイントになります。
 例えば、ごぼうやさつまいも、バナナ、プルーンは、その代表的な食べ物です。

 

 繊維が腸内を綺麗に掃除してくれるので、便秘解消やおならを減らす効果があります。
 また、ヨーグルトも、腸内環境を整えるために効果的な食べ物です。

 

 これ以外にも、いくつか効果的な食べ物がありますので参考にして下さい。
 便秘解消に効果的なのはヨーグルトだけ?

 

 さらに、お腹に負担にならない程度のストレッチや適度な運動も、腸の動きを活発にするため、便が出やすくなると言ったメリットがあります。
 このように、食べ物や運動により、排泄する習慣を身に着けることが大切です。

 

 いきむことで、赤ちゃんに影響を与えたり、産まれてしまうのではないかと心配になる人もいるかもしれませんが、多少の腹圧で、赤ちゃんが出てきてしまうことはありません。
 便が溜まった状態に慣れるのではなく、排便習慣を身に着け、快適な妊娠ライフを送りたいものです。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。