風呂 オナラ 大腸菌

お風呂でオナラをすると大腸菌がバラ撒かれる?

スポンサーリンク

 

 お風呂の中でオナラをすると、ガスでできた泡が水中から上がってきて水面でパチンとはじけます。
 このため、お風呂でオナラをするのは楽しいと感じている方もいるでしょう。

 

 オナラは腸内で発生したガスが排出されたものですが、このガスの中には大腸菌も含まれていることをご存知でしょうか。
 従って、お風呂の中でオナラをするとお湯の中に大腸菌が溶け込んでしまうことになるのです。

 

 大腸菌は食中毒などを引き起こす細菌として知られています。
 そのため、なるべくリスクを避けるためにも清潔を保つことに力を入れているという方も少なくないでしょう。
 感染すると激しい下痢などの症状を引き起こす大腸菌は、その中でも特に感染力の強い種類となります。

 

 日常生活を送るあらゆる場所に様々な細菌が存在していますが、食中毒のような症状に繋がるほどの強力な細菌は、健康な方が暮らしている状態であればあまり心配する必要はなく、健康な方のオナラに含まれる大腸菌も危険視するほどのものではないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 食中毒に感染して下痢の症状が治っていないような時は注意したいところですが、感染している期間はお風呂に限らずトイレなどあらゆる場面で気をつけておいた方が良いと言えます。
 一般的に浴室内は細菌が多いと言われている場所でもあり他の菌もたくさん存在しているため、お湯を飲んだりすることのないように気をつけましょう。

 

 このように健康上では特に気にするほどのことではないのですが、マナーとしては良いこととは言えません。
 他の人も利用するのであればお湯はできるだけきれいに保つということは基本中の基本ですので、公衆浴場やプールの中でしたくなった時は一旦外に出て、お尻を清潔にしてから戻るようにしましょう。

 

 しかし一人暮らしの方やご家族が理解してくれているという場合であれば特に我慢する必要はありません。
 お風呂の中で体が温まるとオナラが出やすくなるということもあります。
 腸内環境を整えるためにもリラックスしてゆっくり体を温めると良いでしょう。

 

 次の記事はこちらです。
 妊娠中の便秘と臭いおなら!どうしましょう?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。