おなら 熱い 臭い

おならが熱い、臭いのはどうして?

 おならが熱いのや臭いのはどうしてなのでしょうか。

 

 日常生活において、おならをすることは普通のことと言えます。
 テレビを見ている時や本を読んでいる時、食事の後や布団の中など時間や場所を問わずいつでもどこでも出るものになります。

 

スポンサーリンク

 

 基本的には匂いがしますが、稀に熱さを感じることがあります。
 おならをした時に肛門付近が焼けるように熱いと感じることがありますし、その場合には非常に強い匂いが生じます。

 

 まず、基本的におならは2種類に分けることができます。
 一つは発酵タイプで、もう一つは腐敗タイプになります。

 

 一般的な物は発酵タイプになり、あまり臭いと感じることはありません。
 これは摂取したものが腸内で発酵しますので、ガスの主成分がメタンや二酸化炭素になることが理由になります。

 

 主に芋類や豆類を食べた時などで、基本的には善玉菌の働きが活発になっていますので臭いと感じることは少なくなります。
 このため、特に問題はないと言われていて、最も多いおならの種類になるとされています。

 

 一方、腐敗タイプの場合には臭いことが特徴になります。
 こちらは、主に肉類や動物性タンパク質を摂取したことが原因になります。

 

スポンサーリンク

 

 腸内に発生するガスの成分が、スカトールやインドールなど刺激臭を持つ成分が主成分になっています。
 このため、排出されたガスにも刺激臭が感じられます。

 

 また悪玉菌が活発になるので、消化しきれなかった物の腐敗が加速しやすくなります。
 そして、熱いおならが出るのも腐敗や発酵が原因になります。

 

 例えばパンがイースト菌で発酵する時に熱を発生させるように腸内でも熱が発生します。
 したがってガスが排出された際に熱も排出されますので、熱いと感じるようになります。

 

 また同時に悪玉菌が消化物を腐敗させるので、腐敗臭が生じてきつい匂いが発生します。
 このような熱いと感じるおならを防止するには、食生活の見直しが効果的となります。
 肉類などの動物性タンパク質でなく、豆類や芋類を積極的に摂取することがお勧めです。

 

 特に、便秘になると臭いおならがよく出るようになってきます。
 その便秘ですが、あまり甘く考えると大変なことになるかもしれません。
 詳しいことは、こちらをご覧下さい。
 便秘で人生が終わるって本当なの? 

 

 次の記事はこちらです。 
 お風呂でオナラをすると大腸菌がバラ撒かれる?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。