便秘 体重 増えない

便秘なのに体重が増えないのは危険?

 便秘なのに体重が増えないのは、危険なのでしょうか。

 

 皆さんは、毎日スッキリしてますか?

 

 スッキリしている人には、この記事はあまりお役に立てないかもしれません。
 スッキリしてない人には、スッキリしてもらいます。

 

スポンサーリンク

 

 一般的に3日以上排便がない状態を便秘と呼んでます。
 ただ、お腹が張ったり、苦しさがないようであれば便秘ではありません。

 

 逆に、毎日排便があっても、膨満感や苦しさが残るようであれば便秘となります。
 要するに、杓子定規では決められないということになります。

 

 便秘になると、当然ながら、大腸内に老廃物が溜まってくるようになります。
 これらの老廃物は本来であれば体外に排出されるのですが、出ないために体内に滞るようになります。

 

 そのような状態が続くと、体内の老廃物が増える一方です。
 その結果、お腹が張ったり膨れたりしてくるでしょう。

 

 そして、体重は増えることになります。

 

 尤も大腸内に留まることで水分が吸収され、その一部は尿や汗として排出されるので、老廃物そのままの分が体重増加になるわけではありません。
 それでも、排出されない限り徐々に体重が増えるのは間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 ところが、体重が増えないということは、何らかの原因が潜んでいることになります。
 その原因とは他のところで体重減少が起こっているということになるのです。
 単純計算で、溜まった老廃物と同じ重さの体重減少ということになります。

 

 そのような体重減少に何か心当たりはありませんか?
 一般的に考えたら、何らかの病気の可能性がでてきます。
 しかも、短期間で体重が減少するような病気の可能性です。

 

 便秘が引き起こす病気にはいろいろなものがあります。
 その中でも最も直接的な原因になりそうなのはがんではないでしょうか。
 いわゆる大腸がんになるでしょう。

 

 そのようなことになっていないか、一度病院で診てもらうことをお勧めします。
 勿論、先に便秘を解消することが必要でしょう。

 

 大腸がんの検査では、まずは便潜血検査があります。
 これで陽性の場合には、大腸内視鏡検査を受けるようにしましょう。

 

 バリウムを飲んでの注腸検査もありますが、内視鏡の方がいいいでしょう。
 というのは、検査中にモニターで自分の大腸内の様子を見ることができるからです。
 百聞は一見に如かず、と言います。
 お試し下さい。

 

スポンサーリンク
 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。