便秘 むくみ 体重増加

便秘やむくみで体重増加!どうしましょ?

スポンサーリンク

 

 女性には毎月決まってやってくる生理がありますね。
 憂うつになることもあるでしょうが、やってこないとまた困ってしまいます。

 

 それに伴って現れるPMSと呼ばれる月経前症候群というのもまた悩ましいものです。
 月経前症候群は、生理の約2週間前頃から現れる様々な不調のことです。

 

 その症状には、精神的な症状と身体的な症状があります。
 精神的な症状ではイライラ感や憂うつ感、怒りっぽいなどで、身体的な症状では肌荒れやむくみ、疲労感などがあります。

 

スポンサーリンク
 

 

 生理前には黄体ホルモンの分泌が増えて、その影響でこのような症状が起こるようになるのです。
 この時期には、生理による出血を補うために、水分などを取り込んでしまうことで身体がむくみやすくなります。
 それによって、体重増加にもなったり、また便秘や肌荒れになってしまうこともよくあることです。

 

 この体重増加というのは、主に体内の水分が一時的に多くなっているもので、脂肪が増えているのではありません。
 生理が終わって、水分が排出されることで元に戻るようになります。
 太ったわけではないので、心配しなくてもいいでしょう。

 

 ただ、月経前症候群ではこれ以外にもいろいろな不調を引き起こすことがあります。
 あまりにも症状が酷くて、我慢できないようであれば、産婦人科を受診した方がいいでしょう。
 毎月、必ずやってくるものなので、症状を軽くするために日頃からどのようにしたらよいかを医師に相談するのも大事です。

 

 傾向を調べて、事前の対策をしっかり行なうようにしましょう。
 高校や大学の受験と同じ感覚でしょうか。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。