便秘 おしり 痛い

便秘でおしりが痛いのは?

 便秘になるとおしりが痛いのはどうしてなのでしょう。

 

 便秘でお尻が痛いことがありませんか?
 便秘になって長期間に渡り便が溜まっていくと、便の水分が吸収されていき、便が固くなってしまうようになります。

 

スポンサーリンク

 

 大腸内の便が固くなってしまうと、排泄が難しくなり、なかなか出ないため、トイレでいきんでしまうことが多くなります。
 それによって、肛門のあたりがうっ血し、痔となってしまうこともあります。

 

 痔になると、排便時のいきみや便の通過で痛みを生じるようになります。
 この痛みのため、排便を我慢するよになり、さらに便秘の症状が進んでしまうという悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。

 

 このような悪循環に陥らないようにするには、日頃から便秘にならないように気を付けることです。
 ただ、それでも便秘でおしりが痛くなってしまうことはよくあることです。

 

 そんな時には、いったいどうすればいいのでしょうか? 
 比較的、簡単にできる方法についてお話しましょう。

 

スポンサーリンク

 

トイレでの排便時にウオシュレットを使用する

 最近では、洋式トイレであればウオシュレットが付いている便器が多くなってきています。
 排便後に使用するのが普通ですが、便秘で出にくい場合や便が大腸内で固くなっている場合などにウオシュレットを使うのです。

 

 そのウオシュレットで肛門をマッサージしたり、肛門内に水を入れて便を柔らかくしたりするのです。
 これによって排便を促し、溜まった便を排出させるのです。
 また、肛門付近を清潔にすることで痔になるのを防ぐ効果も期待できます。

 

お腹のマッサージやツボをする

 代表的なマッサージには、のの字マッサージがあります。
 おへそを中心にのの字を書くようにマッサージをしていくのです。
 また、便秘に効果的なツボを手で押すと言うのも、簡単にできる方法です。

 

 このような便秘ですが、あまり甘く考えると大変なことになるかもしれません。
 詳しいことは、こちらをご覧下さい。
 便秘で人生が終わるって本当なの? 

 

 次の記事はこちらです。
 便秘の治療!恥ずかしいのはわかりますが。。。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。