便秘 プルーン 食べ方

便秘解消にプルーン!その食べ方とは?

スポンサーリンク

 

 便秘解消に効果的な食べ物は、何と言っても食物繊維を豊富に含んでいるものになります。
 食物繊維には、不溶性と水溶性の2種類があり、これらをバランスよく摂取することが大切になります。

 

 不溶性ばかりだと便が硬くなりすぎ、水溶性ばかりだと便が柔らかくなりすぎてしまうのです。
 不溶性と水溶性は、2:1の割合で摂ると便秘解消に効果的です。

 

 ここでは、便秘解消にお勧めのプルーンについて紹介しましょう。

【プルーン】

 プルーンというと鉄分が豊富で、貧血解消に効果的なイメージがありますね。
 実は、食物繊維も豊富に含まれていて、便秘解消にも効果があるのです。

 

 しかも、不溶性と水溶性がバランスよく含まれています。
 特に、水溶性の中でもリンゴなどにも含まれているペクチンが豊富です。
 ペクチンには便秘解消の効果以外に、コレステロールや血糖値の上昇を抑える働きもあります。 

 

 また、プルーンには、消化されにくいソルビトールという成分が含まれています
 ソルビトールには大腸の水分吸収を抑える働きがあり、便が適度な水分を吸収してかさを増やし、大腸を刺激して便秘解消の効果があります。

 

 食べ方としては、生のプルーンもいいですが、種抜きされた乾燥プルーンが手軽に入手できますのでお勧めです。
 ヨーグルトに入れて食べると、より効果的ですね。

 

スポンサーリンク

 

 プルーン以外にも便秘解消に効果的な食べ物を紹介します。

納豆

 納豆は大豆からできており、食物繊維が豊富で、しかも不溶性と水溶性がバランスよく含まれています。
 さらに、便秘解消に効果的なオリゴ糖やリノール酸、抗酸化作用のあるビタミンEなども含まれています。
 納豆菌やオリゴ糖は腸内の善玉菌を活性化し、リノール酸には悪玉菌を抑える働きがあります。

 

バナナ

 バナナには、食物繊維の他に腸内環境を整えるオリゴ糖も豊富に含まれています。
 食物繊維とオリゴ糖の相乗効果で、より便秘解消の効果が期待できます。
 さらに、ヨーグルトと一緒に摂取すると、ヨーグルトの乳酸菌との相乗効果でより便秘解消の効果があります。

 

 また、バナナを温めるとオリゴ糖が増え、腸からの吸収も良くなり善玉菌も増えるので、試してみてはどうでしょう。
 皮を向いてそのまま、電子レンジで30秒程温めるだけです。

 

リンゴ

 昔から「リンゴ1個で医者いらず」と言われるように、リンゴは健康的な果物なのです。
 リンゴにはペクチンという水溶性食物繊維が含まれ、大腸内で乳酸菌の餌となって善玉菌を増やし、腸内環境を整える働きがあります。

 

 さらに、ペクチンには、コレステロールの吸収を抑え、血中コレステロール値を下げる働きもあります。
 リンゴのペクチンは果肉より皮に多く含まれているので、皮ごと食べる方がいいでしょう。

 

 次の記事はこちらです。
 便秘解消に効果的なのはヨーグルトだけ?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。