便秘 背中 痛い

便秘で背中が痛いのは?

 便秘で背中が痛くなるのでしょうか。

 

 女性の三人に一人は便秘だと言われているくらいですから、多くの女性が便秘で悩まされていることになります。

 

 お腹が張ってしまってぽっこりとお腹が出て格好悪いだけでなく、健康面にも様々な影響を与えてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 その一つとして背中が痛いという症状があります。
 便秘を起こしている状態は便が腸内に滞留してしまっているため、悪玉菌が繁殖してしまいます。

 

 食べかすなどをえさとする悪玉菌は有毒なガスを発生させてしまい、これがお腹の張りなどを起こしてしまいます。

 

 また、ガスが発生する場所というのは決まっているわけではありませんから、背中に近い部分に発生してしまうと背中が圧迫されて、背中が痛いという症状が出てしまいます。

 

 腰の近くだと腰痛を起こしやすくなりますし、胃が圧迫されると胃痛を感じてしまいます。
 このように、ガスが発生して圧迫される部分によって、痛みの出る場所が違ってきます。

 

 不快なお腹の張りや背中の痛み、腰痛などを改善するためには、原因となっている便秘を改善するのが最優先です。

 

スポンサーリンク

 

 まずは、腸内環境を良くすることを目指して、善玉菌を増やすのに有効な食べ物を積極的に摂りましょう。
 ヨーグルトや発酵食品に含まれている乳酸菌は、腸の中で善玉菌を増やすのに効果的ですから、毎日しっかりと摂るようにしましょう。

 

 また、善玉菌のえさとなってくれるオリゴ糖はカロリーも低いですから、ヨーグルトなどと合わせて摂ると効果的です。
 そして、野菜や海藻、きのこ類などに含まれている食物繊維は、腸の活動を高めてくれますから、不足しないようにバランスよく摂りましょう。

 

 また、体を動かして代謝を上げることで、腸の活動を高めるのに役立ちます。
 特にお腹周りの筋肉をバランスよく使うことで、腹圧がたかまり排便しやすくなりますから、適度な運動を行う習慣を身に付けましょう。

 

 このような便秘ですが、あまり甘く考えると大変なことになるかもしれません。
 詳しいことは、こちらをご覧下さい。
 便秘で人生が終わるって本当なの?

 

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。