便秘 固い 出し方

便秘による固い便!その出し方とは?

スポンサーリンク

 

 女性の3人に1人は便秘だとも言われていて、多くの方が悩まされています。
 2、3日ほどお通じがない状態だと固い便になってしまって、これが栓のように出口を塞いでしまいますから、便意を感じても排出しにくくなってしまいます。
 無理矢理いきんでしまうと肛門に負担がかかってしまって、切れ痔やいぼ痔を引き起こすこともありますから、正しい出し方を実践してみましょう。

 

 手軽な方法としては、便意を感じた時にお湯を洗面器に張ってそこにお尻を浸すという方法です。
 お湯で肛門周りが温まって固い便が柔らかくなってくれますから、スムーズに排出することができます。

 

 また、体にも影響を与えない出し方ですし手軽に行えますから、ぜひ実践してみましょう。
 また、水分が失われることで便が固くなりますから、日頃から水分不足ならないようにこまめに水分を摂ると効果的です。

 

スポンサーリンク

 

 便秘が続くと便が固くなってしまうのは、腸壁から水分が奪われてしまうからです。
 腸内に長く便が留まるほどどんどん固くなりますから、なるべく便秘を起こさないように腸の健康を保つのが大切です。
 腸内環境は日々の食事などが大きく影響していて、脂質や糖質、動物性たんぱく質を摂りすぎると、すぐに悪玉菌が繁殖してしまいます。

 

 腸内環境の改善こそが便秘解消に効果的ですから、善玉菌を増やす食品を食べるのがおすすめです。
 腸の中で善玉菌として働く乳酸菌や、そのえさとなるオリゴ糖は積極的に摂りたい食品です。

 

 また、食物繊維は腸のぜん動運動を活発にしてくれますから、不足しないように摂るのが大切です。
 野菜などの不溶性食物繊維は腸の大掃除をするのに役立ち、海藻などに含まれる水溶性食物繊維は便を柔らかくする作用があります。
 バランス良く両方摂ることで、腸の活動を高めるのに効果的です。

 

 次の記事はこちらです。
 便秘による吐き気やゲップについて

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。