妊娠超初期症状 生理前 便秘

妊娠超初期症状と生理前の便秘の違いは?

スポンサーリンク

 

 妊娠超初期症状には様々なものがあります。
 女性には生理があり一つの周期の中で体調は変化していきます。
 それはすべて妊娠のための準備でもあるのです。

 

 排卵期を過ぎると高温期へ移行し、月経前症候群とも呼ばれる様々な体調の変化や不調が現れるようになります。
 妊娠超初期症状が出るのもこの時期であり、症状は月経前症候群と極めて似ています。
 どちらも黄体ホルモンの影響で起こるものなので似ているのは当然のことでもあるのです。
 しかし、妊娠して着床すると黄体ホルモンの機能をより高めるhCGホルモンの分泌が盛んになるため、月経前症候群と微妙に違いが出てくるのです。

 

 生理前によく便秘になるという方はいるでしょう。
 妊娠超初期症状として便秘を感じる方もいます。
 便秘は黄体ホルモンの影響で胃腸の働きが抑制されることで起こるとされています。

 

スポンサーリンク

 

 高温期に便秘が起こった場合、妊娠超初期症状なのか生理前なのかを確実に判断することはできません。
 しかし、もうすぐ生理を迎える体と着床して妊娠の準備を着々と進めている体はまったく違うものです。

 

 hCGホルモンの分泌が盛んになると黄体ホルモンの働きも盛んになります。
 月経前症候群の原因にもなっている黄体ホルモンの影響だけでは生理前と同じ状態と言えますが、hCGホルモンの影響について知っておくと判別するための参考になるでしょう。
 hCGホルモンが増えると吐き気や嘔吐の症状が現れると言われており、これを悪阻とも呼んでいます。
 悪阻は一般的に生理予定日の一週間後以降に現れることは多いのですが、中には早めに感じる方もいます。

 

 いずれにしろ、妊娠超初期症状と生理前の症状は個人差が大きいため、普段の生理前の症状をメモしておくなどして平常時の自分の体調を把握しておくことが大切です。

 

 次の記事はこちらです。
 便秘による固い便!その出し方とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。