子供 便秘 出し方

子供の便秘!便の出し方は?

スポンサーリンク

 

 お腹が痛いと感じた場合には、便秘や下痢、食あたりといったことを疑います。
 病院へ行って症状を診てもらうと原因はわかるのでありますが、度々病院へ行くのも大変なことであります。

 

 そんな中、子供がお腹が痛いという症状が出た場合、大抵は下痢か便秘であります。
 下痢の場合のお腹を温めるなどして安静にしておけば翌日には改善出来るのでありますが、便秘の場合は便が出ないということで結構苦しいものがあります。

 

 そんな子供の便秘による便の出し方を説明します。
 トイレで気張って出そうという行為は、良くない出し方であります。

 

 ある程度気張るのは問題ないのですが、長時間気張ってしまうと血圧があがってしまい大変なことにもなってしまいます。
 子供は出そうとして強く気張ってしまう場合があります。
 そのようなことの無いように排便をしている時は様子を監視する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 排便がうまくいけば改善へと向かっていきますが、それでも出ない場合の対策としては、大量の水分を取るということです。
 特に朝の寝起きに大量の水を飲むと便通が起こる場合があります。

 

 それでも改善しない場合は、繊維質の多い食事を取ることです。
 繊維質の多い食事をするとスムーズに排便が出来る場合があります。

 

 それでも改善しない場合は、病院へ行くという方法もありますがそこで処方される薬は浣腸であります。
 浣腸は市販でも販売されており、高くない薬であります。
 これで出す方法でありますが、浣腸をすればほとんどは改善します。

 

 それでも改善しない場合は、便秘以外の病気の症状があるかもしれないので病院で診てもらう必要があります。
 最悪な場合によっては大腸に細菌などが発生しての病気で大腸の手術なども考えられるので改善がみられない場合はすぐに病院へ行くようにすると良いです。

 

 次の記事はこちらです。
 妊娠超初期症状と生理前の便秘の違いは?

 

スポンサーリンク