ビオフェルミン 便秘 対処方法

便秘解消の整腸剤と言えば、ビオフェルミンですが。。。

 昔から、お腹が痛い時には正露丸、整腸剤と言えばビオフェルミンが有名ですが、実際にはどうなのでしょう。

 

 ここでは、ビオフェルミンの便秘解消についてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

 まず初めに、ビオフェルミンは、所謂サプリメントではなく、厚生労働省の認可を得た『医薬品』になります。

 

 ビオフェルミン製薬(株)が製造販売しているもので、整腸剤としては、『新ビオフェルミンS錠』という商品名になります。

 

 特徴としては、ヒト由来の3種類の乳酸菌で定着性がよく、小腸から大腸まで届いて悪玉菌の増殖を抑え、整腸効果を発揮するというものです。

 

 ヒト由来の3種類の乳酸菌とは、以下の通りです。

G9-1 ビフィズス菌

 主に大腸に棲みつき、悪玉菌の増殖を抑制し、有害物質ができるのを抑制する働きがあります。

 

129BIO3B フェーカリス菌

 小腸に棲みつき、増殖しやすく腸内細菌のバランスを整える働きがあります。
 また、ビフィズス菌やアシドフィルス菌の増殖を助ける働きもあります。

 

KS-13 アシドフィルス菌

 主に小腸に棲みつき、乳酸を多く生成することで悪玉菌の増殖を抑制し、有害物質ができるのを抑制する働きがあります。

 

スポンサーリンク

 

 【飲み方】
 基本的に1日3回、食後に服用します。1回の服用量は3錠です。(15歳以上)
 ここで大事なのは、ビオフェルミンは『医薬品』だということです。

 

 これは様々な臨床実験や臨床データを元に、薬としての効果が科学的に認められたということです。
 このため、効果を実感出来る人が多いのです。

 

 勿論、万人に効果てきめんなどというものは存在しないので、自分には合わなかったという人もいるでしょう。

 

 今後も乳酸菌やビフィズス菌のサプリメントは色々なものが開発され、摂る人も増えてくることでしょう。
 その目的も、便秘解消の他に花粉症対策やインフルエンザ予防など色々とあります。

 

 ビオフェルミンについても整腸効果以外の面では、医薬品としては認められていませんが、効果は期待できると考えられます。
 今後は、その面での医薬品としても認可されることを期待したいところです。

 

 次の記事はこちらです。
 便秘と下痢!繰り返すのはどうして?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。

当サイトお勧めのサプリメント

当サイトお勧めのサプリメントはこちらです。
16種類の乳酸菌が腸内環境を整えるのに役立ちます。