わかめ 食べ過ぎ 便秘

便秘解消のためにわかめを食べ過ぎると。。。

スポンサーリンク

 

 便秘解消に効果的なのは本当にヨーグルトだけ? でも紹介してますが、海藻は便秘解消に効果的なんです。
 海藻には、独特のヌメリがありこれが水溶性食物繊維そのものです。
 海藻に含まれる水溶性食物繊維は、善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあります。

 

 また、油との相性の良いビタミンやミネラルも含まれているので、サラダにしてオリーブオイルなどを使ったドレッシングと一緒に摂取すると便秘解消の効果が高まります。
 わかめには不溶性食物繊維のセルロースも含まれています。
 不溶性食物繊維には、便のかさを増やし排便を促進する効果があります。

 

 また、セルロースにはコレステロールを吸着して体外へ排出する働きもあり、成人病の予防にもなります。
 このように便秘解消には効果的なわかめなんですが、わかめを極端に食べ過ぎると健康に悪影響を及ぼすことがあるんです。

 

スポンサーリンク

 

 わかめにはヨウ素が豊富に含まれています。
 ヨウ素には、甲状腺の働きを活発にして甲状腺ホルモンを作る働きがあります。

 

 甲状腺ホルモンは発育に不可欠で、体全体の新陳代謝を促進する働きや、精神神経などを調整する働きがあります。
 ヨウ素の摂取量が不足すると、甲状腺ホルモンの生成が抑えられ、甲状腺のはれや成長期の子供の発育不全などの原因になります。

 

 逆に、ヨウ素を過剰摂取すると、甲状腺の働きが活発になり過ぎて、甲状腺ホルモンが過剰に作られてしまいます。
 それによって甲状腺が肥大し、甲状腺機能の障害を引き起こしたりします。
 一般的な日本人のヨウ素摂取量は約1.5mg/日で、3mgを超えると過剰症の恐れがあると言われています。

 

 次の記事はこちらです。
 便秘薬の副作用には要注意! 吐き気もある?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。