抗がん剤 便秘 対策

抗がん剤で便秘になるの? その対策は。。。

 がん治療の代表的なものに抗がん剤がありますが、これによって便秘になってしまうことがあります。

 

 現在がん治療をしている方やこれからがん治療をする方、ご家族の方にはよく知っておいていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

抗がん剤による便秘

 抗がん剤によって、胃腸の働きを調整する自律神経やホルモンバランスが崩れることがあります。
 そのため、大腸の蠕動運動が抑えられて便秘になることがあるのです。

 

 また、吐き気止めの使用やがん治療でのストレス、生活環境の変化などによって便秘になることもあります。

 

モルヒネなどオピオイド鎮痛剤による便秘

 モルヒネなどのオピオイド鎮痛剤には、痛みを和らげる働きの他、腸の運動や腸液の分泌を抑える働きもあります。
 このため、便が硬くなってしまって、排便されにくくなります。
 さらに大腸の蠕動運動が弱くなってしまいます。

 

 この場合、基本的には大腸刺激性下剤を使って、便秘を予防するようにします。
 治療中の排便状態をよく確認して、医師に相談しましょう。

 

 また、がんの進行に伴って食事量の不足や体動減少、大腸へのがんの浸潤など、便秘になりやすいこともあります。

 

スポンサーリンク

 

がん治療中の便秘予防法

 基本的には、担当医師に相談するのがお勧めです。
 多くの場合、水分摂取と下剤を組み合わせることで、便秘を防ぐことができます。

 

 その際のポイントは以下の2つです。
 @可能であれば、1日1.5〜2Lの水分をこまめに分けて摂ります。
 A状況によって、便を軟らかくする薬(酸化マグネシウム)と、腸を動かす薬(大腸刺激性下剤)を使い分けます。

 

 また、一般的な便秘解消法を併せて行なうことで、いっそうの効果が期待できます。
 (1)食物繊維をたくさん摂取しましょう
  便の量を増やして、排便を促します。

 

 (2)お腹をマッサージしましょう
  『の』の字マッサージやツボ押しなどで、腸に直接刺激を与えるようにします。

 

 (3)身体を動かしましょう
  運動不足を解消して、腹筋を鍛えるようにします。

 

 次の記事はこちらです。
 猫の便秘にはビオフェルミン?

 

スポンサーリンク