糖質制限 便秘 対策

糖質制限ダイエットで便秘になる? その対策は。。。

スポンサーリンク

 

 糖質制限ダイエットというダイエット法が結構流行っているようです。
 ところが、これが元で便秘になってしまうことがあります。

 

 ここでは、なぜ糖質制限ダイエットで便秘になるのか、その対策はどうすればいいのか、についてお話しします。

 

糖質制限ダイエットってどんなダイエットなの?

 文字通り、「糖質を制限する(減らす、抜く)」ダイエットのことです。
 糖質の多い食事ではなく、糖質の少ない、或いは、糖質のない食事にするというダイエット方法です。

 

 カロリー制限がないので、満腹感もあり比較的続けやすいダイエット方法なんです。
 具体的には、ごはんやパン、麺類などを減らして、肉や魚介類、野菜類などを多く摂取するというものです。

 

 糖質制限ダイエットは、次の3段階のランクに分けられます。  
・プチ制限     : 1日1食を糖質制限食にする (ここだけ、なぜかフランス語)
・スタンダード制限 : 1日2食を糖質制限食にする
・スーパー制限   : 1日3食で糖質制限食にする

 

スポンサーリンク

 

糖質制限ダイエットでなんで便秘になるの?

 
腸内環境が変化してしまう

 食事内容の変化で、腸内環境が変化してしまい、便秘になってしまうことがあります。
 腸内環境を整えるため、野菜や海藻類など食物繊維の多く含まれるものを、意識してたっぷり摂るようにしましょう。 

 

食事の絶対量が不足してしまう

 通常の食事から糖質だけを抜いた食事になってしまうことがあるようです。
 食事の量が減ると、便そのものの量が少なくなってしまいます。
 ご飯や麺などを抜いた時は、それを補うものを食べましょう。

 

食物繊維が不足してしまう

 ご飯や芋類には食物繊維が含まれていますが、これらを制限することで食物繊維が不足してしまうことがあります。
 また、糖質を減らした分、肉や魚介類だけを増やすと、腸内環境が悪化して便秘になってしまいます。
 糖質制限では、野菜や豆類、海藻類などの量を増やして食物繊維をたっぷり摂るようにしましょう。

 

水分が不足してしまう

 水分が不足すると、便が硬くなって便秘になってしまうことがあります。
 1日1.5〜2の水分をこまめに分けて飲むようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 便秘解消のためにわかめを食べ過ぎると。。。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。