便秘 牛乳 夜

便秘解消には夜の牛乳がいい?

 

 便秘解消には、夜に牛乳を飲むのがいいのでしょうか。

 

 朝起きてスッキリするには、夜寝る前に牛乳を飲むという方法があります。

 

スポンサーリンク

 

 牛乳には乳糖やオリゴ糖が含まれていて、腸内の善玉菌の餌となって善玉菌を増やすという働きがあります。
 善玉菌が優勢な状態になると、腸内環境が活性化され、スムーズな排便が期待できます。

 

 朝や昼間であれば、冷たい牛乳を飲むことも効果的ですが、夜寝る前には温めた状態(ホットミルク)で飲むようにしましょう。
 温めて飲むことで、体が温まるので安眠効果もあり、自律神経を整えることができるので便秘解消につながります。

 

 牛乳には、カルシウムやトリプトファンが含まれており、温めて飲むことで体内への吸収がよくなります。
 カルシウムにはストレスや興奮を抑えて、リラックスさせる働きがあります。

 

 トリプトファンは必須アミノ酸の一つで、脳内物質『セロトニン』の材料となり、セロトニンが睡眠ホルモン『メラトニン』の分泌を促します。

 

 この両者の相乗効果によって自然な眠りにつくことができるのです。

 

スポンサーリンク

 

 牛乳を飲むタイミングとしては、セロトニンが生成されメラトニンを分泌させる時間が必要ですので、寝る1時間前くらいに飲むと効果的です。

 

 さらに、腸内の善玉菌の餌となるオリゴ糖を混ぜるといっそうの効果が期待できます。
 食物繊維が豊富に含まれるきな粉を混ぜるのもいいでしょう。

 

 ただ、飲み過ぎると下痢を起こしたり、睡眠中に尿意を催したりするので、飲む量はコップ1杯程度がいいでしょう。
 特に、乳糖不耐症の人は、消化不良や下痢を起こしやすので注意して下さい。

 

 また、夜寝る前に牛乳を飲むことは、骨粗しょう症の予防にもなります。

 

 骨の形成に必要な成長ホルモンは夜に多く分泌されるので、骨の材料となるカルシウムはそれに合わせて夜に摂取するといいのです。
 このため、40〜50代以上の女性には特にオススメです。

 

 次の記事はこちらです。
 便秘に効果的なサプリメントはマグネシウム?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。