便秘 便を柔らかくする 食べ物

便秘を解消して毎朝を快便にする方法とは?

 

 便秘を解消して毎朝を快便にする基本的な考え方についてお話しします。

 

 まずは、朝食をきちんと摂りましょう。

 

スポンサーリンク

 

 ダイエットなどで、朝食を抜く人が多いようですが、却って便秘を悪化させてしまいます。
 胃や腸は内容物がない状態でも活動(蠕動運動)していて、消化管の中の食べカスや老廃物などを肛門の方へ押し出しています。

 

 朝食を摂ることで脳からの指令が活発になり、この蠕動運動がより盛んになり便意を感じるようになります。

 

 ダイエットや忙しいという理由で、朝食を抜くと便として出すものが少なくなる上に、蠕動運動が活発化しないため、却って便秘を悪化させてしまうのです。

 

 朝、時間がない人は、バナナとヨーグルトだけでもいいので摂るようにしましょう。
 バナナには食物繊維が豊富に含まれ、ヨーグルトには腸の働きを高める乳酸菌が豊富に含まれています。

 

 起床後にコップ1杯程(300〜400mL程度)の水を飲むことも便秘解消につながります。
 冷たい生水の方が効果的です。(便秘の原因が冷えの場合には、注意が必要です)

 

 水が空っぽの胃を刺激し、大腸の蠕動運動が活発になるのです。

 

 便の元ができるには、水分や食物繊維が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

 1日に1.5〜2L程度の水分を、こまめに分けて摂るようにしましょう。
 水を飲んでも、約90%は小腸で吸収され、約10%が大腸にまで届きます。

 

 さらに、大腸で水分が吸収されるので、便に吸収される水分はとても少なくなってしまいます。
 このため、摂取する水分が少ないと、便が硬くなってしまうのです。

 

 厚生労働省では、健康のために成人男性で24〜26g/日、成人女性で19〜20g/日の食物繊維の摂取を勧めています。
 わかりやすく、1日25g以上を目標にするとよいでしょう。
 最近の日本人の食物繊維の平均摂取量は、14g/日程度と言われています。

 

 そして、夕食は寝る前の2〜3時間前には済ませましょう。
 寝ている間には、モチリンという消化管ホルモンが腸の蠕動運動を活発にして、内容物を肛門の方へ押し出しています。

 

 このモチリンは、胃腸が空にならないと腸から分泌されないのです。
 このため、寝る前の飲食は便秘解消にはならないので注意しましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 便秘解消のための飲み物と食べ物は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。