便秘 症状 原因 解消方法

便秘の種類と原因、症状について

便秘とは?

 一般的には、便秘とは3日以上排便がない状態をいいます。
 ただ、排便が毎日あっても、苦痛や残便感などがあれば便秘といえます。
 逆に、排便が毎日なくても苦痛や残便感などがなければ便秘とはいえません。
 日本内科学会では「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」を便秘と定義しています。

 

スポンサーリンク

 

便秘の種類と原因

 便秘は分類すると、機能性便秘と器質性便秘に分けられます。

機能性便秘

 大腸の働きが低下して便秘になるもので、一般的に便秘というと機能性便秘のことになります。
 症状としては、お腹の張りや痛み、残便感、便が硬くて小さい、食欲低下などが多くなります。

 

 機能性便秘は、さらにに3種類に分けられます。

弛緩性便秘(しかんせい)

 大腸の蠕動運動が低下することで起こる便秘です。
 便が大腸内に長く停滞すると、水分が過剰に吸収されて硬くなってしまいます。

 

 水分や食物繊維の不足、運動不足や加齢等での腹筋力の低下、ダイエットなどが原因になります。
 最も多く見られる便秘で、特に高齢者や女性に多いといわれています。

 

スポンサーリンク

 

痙攣性便秘(けいれんせい)

 大腸の蠕動運動が不規則に活発になりすぎて起こる便秘です。
 便秘と下痢を交互に繰り返すことがあります。

 

 ストレスによる自律神経の乱れや睡眠不足、生活環境の変化等が原因になります。
 重症化すると、過敏性腸症候群になってしまうこともあります。

 

 便意を感じてもなかなか排便できなかったり、出ても水分不足なコロコロした便だけということがあります。
 排便後も、残便感を感じることが多く見られます。
 このタイプの便秘は、精神的ストレスが多く睡眠不足になりやすい男性に多いと言われています。

 

直腸性便秘(ちょくちょうせい)

 直腸内に便が溜まっても便意を感じなくなって起こる便秘です。
 便意を我慢したり、便秘薬や下剤、浣腸を常習したりすることが原因となります。

 

器質性便秘

 大腸ガンや腸閉塞などの病気が原因で、腸内での便の通過障害で起こる便秘です。
 血便や激しい腹痛などがあれば、すぐに医師の診断を受けましょう。 
 尚、このタイプの便秘では、消化管穿孔のおそれがあるので下剤は使用できません。

 

 自分の状態をよく確認して、症状に合った対処をしていきましょう。
 いくつかの種類の便秘を併発している場合もありますので、不安な場合には専門医の診断を受けるようにしましょう。
 最近は、便秘外来を設けている医療機関もあります。

 

  次の記事はこちらです。
 便秘を解消して毎朝を快便にする方法とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。